美容室のホームページ制作
SALON HACK
「美容室 目黒」のgoogleサジェスト

美容室がホームページで集客する方法とは?8年間のノウハウを全て大公開!

544 views

こんにちは、「全てのヘアサロンにウェブマーケティングを!」三上です。

今回、8年間磨き上げた美容室がホームページで集客する方法の全てを公開することを決意しました。

ノウハウを公開することは当社としてはデメリットの方が多く、競合他社へのノウハウ流出も免れません。

しかし、まだ見ぬ美容師さんの成長や強いては美容業界のweb・IT事情が発展することで、美容意識の高い一般ユーザーがより良い情報に触れ、日本の美容業界(主に美容室)がより発展することを願って、当社の重要で大切なノウハウを公開することとします。

なぜ大切なノウハウを無料で公開するのか

私自身(三上)は2012年に美容業界に入って、2015年に独立。これまで一貫して美容室のホームページ集客を行ってきました。

これまではホームページ集客のノウハウを一般公開せず、弊社クライアントのみへの提供としていました。

しかし、2020年未曾有のコロナ感染症問題があって4月は多くの美容室が休業したこともあり、当社(株式会社シンシエイト)としても新規の営業がほとんど出来ずに経営が厳しい局面がありました。

当社はこれを期に美容室専門のウェブコンサルティング業の看板を下しました

引き続き、当社顧客へのサポートは続けていく前提ですが、当社が持つホームページ集客のノウハウは美容室にとって有益な情報になり得ると判断し、まだ見ぬ成長意欲の高い美容師の方々のために情報発信することを決めました。

主に首都圏にある美容室での実績が中心になります。多くの美容室にとって有益な情報になり得るので、是非参考にサロンの発展に役立てて頂ければ幸いです。

美容室のホームページで集客するために重要な2つポイント

あなたの美容室がホームページで集客できるようになるために、何が必要だと思いますか?

  • サイトがオシャレになれば・・・
  • 地域名でSEOが上がれば・・・
  • ブログをたくさんかけば・・・
  • 予約システムを導入すれば・・・

私がお会いしてきた数千人の美容室オーナーや店長のほとんどがこの様に答えました。

どれも大事に思えるかと思いますが、私の8年間の経験でわかった重要なポイントは地域のお客様のニーズを知ることとそのお客様のニーズにあった情報を提供することです。

美容室経営はビジネスですから、少ない資源(時間やお金)で高い効果(利益)をあげられるかどうかが判断基準です。予算が無限にあればドカドカ予算投下できますが、予算が潤沢すぎるビジネスなんて在り得ません。

実は美容室のホームページ集客はとても簡単です。なぜなら、この重要なポイントにしっかり取り組む美容室がほとんどないからです。

最小資源で最大効果を出すために、まずはお客様のニーズを知ること。お客様のニーズにあった情報を提供すること。この2つを行うだけで美容室でのホームページ集客が可能になります。

美容室がホームページから集客するための3ステップ

お客様のニーズはどこにあるのか?そしてニーズにあった情報はどの様に提供できるのかを具体的に説明していきます。そのために必要なのはこれらのたった3ステップです。

  1. 美容室のあるエリアのニーズ(キーワード)を調べる
  2. ニーズを提供している競合サイトを調べる
  3. 競合サイトよりもニーズを満たす情報を作る

1. 美容室のあるエリアのニーズ(キーワード)を調べる

まず、あなたの美容室の地域ではどんなニーズがあるのかを調べていきます。これにはいくつか使えるツールがあるのですが、今回は keywordtool.io というツールを利用します。

https://keywordtool.io/

このツールは何かというと、google のサジェスト情報を引用してきてくれるツールです。google サジェストって何?という話は長くなるので本記事では触れませんが、ユーザーがよく調べている関連キーワードと考えて頂くとわかりやすいです。

例えば、keywordtool.io で「美容室 目黒」と調べると例えばこんなキーワードが出てきます。

「美容室 目黒」のgoogleサジェスト

  • 美容室 目黒 メンズ
  • 美容室 目黒 安い
  • 美容室 目黒本町
  • 美容室 目黒 ヘッドスパ
  • 美容室 目黒 個室
  • 美容室 目黒 アットホーム

つまり、google のサジェスト機能とは「美容室 目黒」にプラスして「○○」と検索窓に入れるキーワードを一覧で表示してくれるわけです。

実際に「美容室 目黒」と調べると127のキーワードが表示されまして、ユーザーがどの様に調べているのかがわかります。

つまり、このサジェストに出てきたキーワードが地域のお客様のニーズであるということがわかります。

2. ニーズを提供している競合サイトを調べる

サジェストツールにより、あなたの商圏にユーザーのニーズがわかったと思います。

例えば「ヘッドスパ」と調べているということは、この辺でヘッドスパするならいいところないかな?(googleで調べるくらいだから)ホットペッパーで失敗したのかな?などと想像することができます。

それではヘッドスパでどんな情報がユーザーに求められているのかを調べます。これは実際にgoogleの検索でキーワードを調べていきます。

「美容室 目黒 アットホーム」をgoogleで調べた場合、以下のようなサイトが出てきます。

  • 不動産のアットホーム
  • ホットペッパービューティーの特集
  • 美容室のホームページ
  • 楽天ビューティー
  • オズモール

ここで競合サイトとして評価するのは、美容室のホームページです。

ここで出てきた美容室のホームページが競合となりますので、これらのホームページの内容をよく見る必要があります。

ちなみに、私が今日時点(2020年9月5日)に調べたところ、美容室だと以下の4店のサイトが表示されました。

  • equri bonne
  • tre-nio
  • アプリーレ
  • Nicc

ここまで記事を書いていて偶然ではあるのですが、4店舗のうち2店舗が私が前職で担当させて頂いたお客様でした。(引き継ぎたかった!)

3. 競合サイトよりもニーズを満たす情報を作る

上記4サイトが競合となりますので、上記4サイトよりもよりアットホームな雰囲気のページを作ることができれば、競合よりも上位表示することができます。

※ 詳しくはgoogleの上位表示アルゴリズムを理解する必要がありますが、「検索上位のページほどユーザーニーズを満たしている」という前提がありますので、これらページよりもより良い情報を提供することが基本的な考え方です。

ここまでは理屈ではわかっても、よりニーズを満たす情報とはなんだろう?とわからない方も多くいます。

そこで次なる情報の取得方法で「美容室 アットホーム」とgoogleで検索します。つまり、地域名を無くして検索します。

検索結果に表示された各ページを見ていくと、アットホームな美容室とはどういうイメージなのか?というのがわかってきます。

これらの情報を自分のサロンに合った形に再編すると、競合サイトよりもニーズを満たすページが完成します。

美容室のホームページ集客の効果検証

ニーズを満たすであろうページが出来ました。目的は集客ですが、一体いつごろ集客に結びつくのでしょうか?

当社の経験・実績での効果は1ヶ月〜12ヶ月程度です。

そんなに幅あるの!?と思うかもしれませんが、実際にあります。

これまでにホームページを運用してきている場合は早くて1ヶ月程度、これまで運用してきていない場合で6ヶ月〜12ヶ月というのが現実的な数字です。

ただ、成果が出るまで待っていてもしかたないので、効果が出そうかでまいかをツールを使って検証していきます。

検索順位の検証

まずは作成した記事が、狙ったキーワードで何位に表示されるのかを知る必要があります。

ここで使えるのがツールが以下の2つです。

  1. SERPOSCOPE
  2. GRC

これらのツールで何ができるのかということですが、どちらもサイトのURLと狙っているキーワードを登録します。

それらを登録すると、毎日の検索順位を自動的に計測してくれるツールです。

SERPOSCOPEは無料のツールですが、クロールスピードを適切に設定しないとエラーでクローラーが止まってしまうというデメリットがあります。

GRCは有料ですが、ほぼ確実に検索順位を計測することができ、プロのトップアフィリエイターも御用達のツールです。Macにはインストールできませんので、Windowsを用意する必要があります。(※ ちなみに当社もGRCを利用しています。)

これらのツールで検索順位が把握出来ますので、徐々に順位が上がってきている様子なども見ることができます。

サイト流入の検証

ホームページへの流入についてはGoogle Search ConsoleとGoogle Analyticsを利用します。

検索キーワードを知るためにはGoogle Search Consoleが必要ですので、事前に準備が必要です。

これらのツールで狙ったキーワードでどれだけサイトに流入させられたかどうかを調べます。

実際の予約の検証

新規のお客様の予約が合った際、ホームページからだったのか、もしくはその他媒体だったかを切り分けると効果検証がしやすくなります。

これはお客様からヒアリングする以外に方法が難しく、基本的にはサロンスタッフさんに聞いてもらうようにしています。

難しいのが予約はホットペッパービューティーだけど、サロンを知るきっかけはホームページだった、などということが起こりえることです。

新規のお客様が予約した日とメニューと、同日の検索流入キーワードを調べるとピンポイントでハマるケースがあります。

美容師の求人なんかだとわかりやすく、同じに日に「求人」などと調べて流入しているケースが少なくありません。

お客様の実際の声と、サイトの解析データで実際の成果を測っていきます。

(ぶっちゃけ)美容室がホームページで集客しやすいキーワード

googleサジェストツールで出てきたキーワードを全て上位表示するのが、最終的に狙うことです。

最終的に全て上位表示していれば良いのですが、集客にならなければやる気もなくなってしまうので、対策すべきキーワードをご紹介します。

  • キッズ(子供)
  • メンズ
  • 縮毛矯正

この3つのキーワードは、比較的どこのエリアでもサジェストに出てきて、かつ他の美容室が対策されていないケースが多くあります。

キッズとメンズに関しては、対策するだけで簡単にとれてしまったりしますので、まずはやってみましょう。

 

以上が美容室がホームページで集客するまでの一連の流れとなります。

今回触れていない部分ですと、検索用にタイトルにキーワードを入れることなどがありますが、それらは多くの方が発信していたりしますので、参考にしていただければと思います。

SEOを利用したホームページ集客は時間がかかる方法ではありますが、一生美容師を続けるというのであれば対策しておいて損はありません。

ぜひ、今回の記事を参考にホームページ集客に挑戦してみていただければと思います。

関連する記事

美容室のWebサイトなら
お気軽にご相談ください

どうやってウェブ集客するのか、どうやって求人の問い合わせを獲得するのか、お見積もりやご予算のご相談など、より詳しい内容を知りたい場合は、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間は平日10:00〜18:00です。セールス目的のお電話はご遠慮ください。