美容室のホームページ制作
SALON HACK
美容師のプロフィールの重要性

スタイリスト美容師のプロフィールの書き方を考えてみる

206 views

ホットペッパービューティーに始まりホームページやインスタグラムなどのSNSと、美容師個人として露出する機会がとても増えています。その際必ずあるのがプロフィールですが、どんなプロフィールを書けば良いのでしょうか?

こんにちは!「すべての美容室にウェブマーケティングを!」三上です。

美容師さんが掲載するべきプロフィールを、先日芸能界に復帰したロンドンブーツ1号2号の田村亮さん、ロンブー亮のプロフィールを拝借して考えていきます。

ロンブー亮さんのプロフィール

ロンブー亮さんの復帰に伴い、相方のロンブー淳さんのこんなツイートが。

この中に、亮さんのプロフィールがありました。

このプロフィールを見ていきます。

前提としてターゲットは誰か

田村亮さんの場合、ターゲットは主に制作会社(やキャスティング会社)です。つまり、田村亮さんを番組で使いたいなと思ってもらいたいわけです。

美容師さんの場合は、見込み客の方々に見て頂き「あ、この人に髪やってもらいたいな」と思ってほしいですよね。

なのでターゲットは全然違うのですが、前提とする考え方は共通していると考えています。

ほかの人にないプロフィールが強みになる

田村亮さんの場合、免許・資格欄が面白いですよね。

  • 狩猟免許(罠・網)
  • 二級船舶

船舶はたまに持っている方がいますが、特に狩猟免許。しかも罠・網。そんな免許があることすら知らない方も多いと思います。私自信も知りませんでした。

制作会社からすれば、狩猟関係の番組だったらアリかもなと思いますよね。

美容師さんに当てはめれば、自分と同じような資格や趣味があれば共感度が高まります

解像度の低いプロフィールは意味がない

前の項目とは矛盾しますが、例えば趣味の「漫画」。

漫画が好きな人はたくさんいると思いますが、これを見て「田村亮さんと漫画の話したいな」と思ったりしますでしょうか?

一言に漫画と言っても、ワンピース好きと少女漫画好きでは話が合わないですよね。田村亮さんの場合は芸能人なので、特定の漫画のタイトルを出さないのでしょうが、こう言ったプロフィールの場合はもっと解像度をあげる必要があります。

  • 漫画 → ジャンプ系のマンガが好き
  • 読書 → 東野圭吾が特に好き
  • 映画 → サスペンス映画が好き。一番好きなのはバタフライエフェクト。

などと、解像度をあげることで刺さる人には刺さる内容になります。

なんでも出来ます系は誰にも刺さらない

上記と同様に、美容師さんのプロフィールでありがちなミスがターゲットを「誰でも」に設定してしまっているケース。

  • 似合わせが得意です
  • あなたのなりたいを叶えます
  • あなただけのヘアスタイル

耳障りは良い言葉なのですが、当たり前すぎたり、みんなが同じことを言ってるので中々刺さりません。

飽和している業界や状況では、必然的に専門化が進んでいきます。

味噌でも醤油でも家系でも、あなたの好きなラーメン出します。

みたいな店よりも、

・うちは味噌ラーメンがウリなんで味噌が好きな人は是非食べてみてください。

の方が刺さるんですよね。どうでしょう、自分が味噌食べたければ下のお店にいくし、家系食べたかったら他の家系専門店に行きますよね。

スタイリスト美容師のプロフィールの書き方はターゲットを明確にすることから

マーケティング用語でいうと「ペルソナ」なんて呼びますが、あなたが現実的に来て頂きたい人物像を作ってきます。

性別・年齢・趣味・職業・休日の過ごし方・好きなブランドなど。

その一人に興味を持ってもらえる、共感してもらえるプロフィールを考えることからはじめてみましょう。

関連する記事

美容室のWebサイトなら
お気軽にご相談ください

どうやってウェブ集客するのか、どうやって求人の問い合わせを獲得するのか、お見積もりやご予算のご相談など、より詳しい内容を知りたい場合は、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間は平日10:00〜18:00です。セールス目的のお電話はご遠慮ください。